NEWS/BLOG

ニュース・ブログ|なんば駅・心斎橋駅周辺のM3D美容室・美容院「EDEN」

2021/07/16

夏感満載デザインカラー!ダメージレスにおしゃれ髪を楽しもう♪

ケアブリーチの魅力


ケアブリーチとブリーチの違いとは?。


ケアブリーチ・・・最近ではよく聞くようになりましたね♪

結局のところ普通のブリーチと何が違うのか?
また、普通のブリーチと比べてどうなのか?

そしてケアブリーチは普通のブリーチより抜けが悪い、や、普通のブリーチとダメージが変わらなかったなどと言われることも多い理由。

そんな以外と知らないケアブリーチのアレコレを解説していきます(#^^#)

ケアブリーチのおすすめポイント


ケアブリーチって聞くとダメージが全くないと思う方も多いです。

ケアブリーチ=ダメージなしではありません。

ではなぜケアブリーチが髪良いのか?

それはダメージの進行の仕方が違うというところが一番のポイントです!!!
実際にブリーチした時のダメージのレベルはケアブリーチも普通のブリーチもそんなに大きな違いはありません。
つまり、抜け方も大きくは違わない・・・・

ケアブリーチが髪に良いのはブリーチ直後から常に起こるダメージの進行が少ない、という事です!
通常ブリーチをするとブリーチをした時点からダメージの進行は止まる事がありません。

なので、ブリーチをした後より日にちがたった時の方が切れ毛が増えたり、枝毛が増えたりする。
ダメージが完結しないのがブリーチの特徴です。

一方、ケアブリーチはと言うと、ケアブリーチのケア成分はブリーチとほぼ同じですが、成分の中に薬剤の進行をストップする効果が入っています。
なので、ダメージが進行せずにその場で完結します!!!
ブリーチとケアブリーチの一番の違いはここです♪

▲ケアブリーチ使用のダブカラー。
ツヤツヤサラサラで色のしっかり入っています★

この理屈が分かっていないと『ケアブリーチだからダメージにならない』と思ってしまい、嫌な誤解が生まれ不信感になってしまいがち。



ケアブリーチはダメージゼロではなく、ブリーチ後にダメージが進行しない。
だから、髪にとって良いもの!
これは美容師だけじゃなく、ケアブリーチをする上でみなさんにも知っておいて欲しい事です★

そして、ケアブリーチが抜けにくいと言われる理由は、ケアブリーチの中のトリートメント成分が多すぎた時に抜けにくくなります!
完成しているブリーチ剤ならこれは起きませんが、美容師が調合するタイプのケアブリーチは、ケアだけを特化させケア成分を多くすることでブリーチぼ力が弱まり、中途半端に抜けないブリーチになってしまいます。

ケアブリーチ=抜けないではなく、ケアブリーチの種類によってはブリーチ力が弱くなるものもあるという事です!
基本、ブリーチとケアブリーチの脱色力は大きく変わらないので、抜け方が気になる方は先に問い合わせてもらう方が安心できるかと思います♪



ケアブリーチの事で知っておいて欲しい事理由3選

・ケアブリーチはダメージが無いのではなく、ブリーチ後のダメージが進行しない薬剤である
・ケアブリーチとブリーチの脱色力は大きく変わらない
・ケアブリーチだからと言って多用するのはNG

ここを抑えておくだけでケアブリーチの良さは伝わるはず!!!
それでもまだ知りたいことがある方は・・・
ぜひ当店にご相談下さい☆

その他、ケアブリーチを使用したデザインカラーのバリエーションについてはこちらの記事で紹介させて頂いておりますので下記リンクからご覧ください♪

【ケアブリーチを使ったダブルカラー・ハイライト・インナーカラー】


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


美容室 EDEN-treatment salon-【エデン トリートメントサロン】
M3Dピコトリ酸熱融合トリートメント取扱店
〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江1-18-27 2F
アートアパートメントホリエG号室
最寄り駅:難波駅、心斎橋駅、四ツ橋駅 

お店の様子はInstagramで!

(*´▽`*)ポチっとな♪
それではSee you tomorrow! よここでした★☆
06-7174-4861
WEB予約